トヨタ・ランドクルーザーは1950年代から販売されていて、2018年現在は、2007年に登場した200系モデルが最新モデルとして販売されています。

しかし、ランドクルーザーは近々モデルチェンジが行われる可能性が高く、ランクルの新型となる300系の噂やスペック予想など、最新モデルに関する情報がメディアなどを通して増えてきています。

今回はランクルの新型となる300系の情報についてを紹介していきます。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

その裏ワザとは、下取りは必ず一括査定サイトを使うことです!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

さあ、今すぐあなたの車の価格を
確認してみましょう!

ランクル300系(新型)の発売時期はいつと予想できる?

ランクルは現行の200系モデルが登場したのが2007年の9月なので、フルモデルチェンジからすでに10年以上が経過しています。

現行の200系は、販売開始から現在までに2回のマイナーチェンジが行われいるため、次はフルモデルチェンジされる可能性が高くなっています。

ランクル博士ランクル博士

1つのモデルでマイナーチェンジが3回行われることはあまりないのう。

ラン子ラン子

マイナーチェンジでは追い付けないくらい技術が進歩してしまうためですね、博士!

新型となる300系モデルは販売時期が確定しているわけではありませんが、予想では、2018~2019年の間に発表、そして販売開始される可能性が高いと言われています。

2018~2019年に発表、販売が予想されている理由としては、ランクルは80系以降、大体9~10年ほどの周期でモデルチェンジが行われているというデータがあることがあげられます。

現行の200系モデルは登場から10年以上が経過していて、2018~2019年はまさにランクルのモデルチェンジ周期と重なるので、この時期に発表、販売開始される可能性は高いと考えられます。

2018年夏現在はランクル300系の発表はまだありませんが、今後開催されるモーターショーなどの展示会で発表される可能性は高く、ランクルファンもモデルチェンジ情報の発表を心待ちにしている状態です。

ランクル博士ランクル博士

いや~最新のランクルがどんな車になるのか、楽しみじゃの~(^^♪

スポンサーリンク

ランクル300系(新型)の外観は?


引用:https://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/20029614

ランクルはフルモデルチェンジによって、エンジン性能、安全装置など、様々な機能の向上が期待されていますが、特に注目が集まるのはやはり外観デザインです。

現行モデルから新型の300系にフルモデルチェンジが行われた場合、外観のデザインに関しても大幅な変更が加えられることは間違いないでしょう。

特にフロント部分がどのようなデザインになるかは、気になるところですよね。

上記の画像は2017年ロサンゼルスオートショーで公開されたトヨタのコンセプトSUV「FT-AC」ですが、このデザインは新型のランクルないしは新型のRAV4のベース車両になるのでは、と言われており、ランクル300系のデザインを予想するうえで参考になります。

このFT-ACのデザインを見てみると、フロントグリルの横ラインは大胆にもセンター1本のみとされ、全体のデザインも上部が狭い台形をモチーフとした、今までにないテイストのデザインになっています。

こちらのコンセプトモデルは「コンパクト」SUVという打ち出しをされてたので、本格SUVのランクルよりも、現行のコンパクトSUVであるRAV4のベースになる可能性が高いですが、前衛的ながらも遊び心のあるデザインは、どこかレトロな雰囲気も併せ持っていて、ランクルにも合いそうな印象を受けますね。

ちなみに、現行のランクルのフロントのデザインはコチラ。

非常に都会的な印象で、落ち着きのあるデザインとなっています。

▼ランクル200フロント

フロントグリルを横に走るバーの向きに関しては、ランクルプラドとの区別する意味でも変更はないと考えられます。(ランクルプラドはフロントグリルのバーが縦に走っています。)

ただし、コンセプトモデルのように、バーの本数が1本になる等の変更が加えられる可能性は高いですね。

他にもエンブレムの位置や、フロントグリルの形、幅などはデザイン全体の刷新に伴って変更が加えられることでしょう。

コンセプトモデルの台形のモチーフがそのままランクル300系のデザインにも採用されるかはわかりませんが、レクサスのSUVシリーズとの差別化の意味でも、「直線的なデザイン」・「若干のレトロ感」はデザインに組み込まれることが予想されます。

また、リヤのデザインについても、どのようなテイストに仕上げてくるのか、楽しみなところですね。

▼ランクル200リヤ

▼コンセプトモデル(FT-AC)のリヤ

出典:https://newsroom.toyota.co.jp/

ラン子ラン子

バイクが積んであるとそれだけでワクワクしますね~(^^♪

スポンサーリンク

ランクル300系(新型)の価格はどのくらいになりそう?

ランクル300系の購入を考えている場合、新型にモデルチェンジした後、新車で買う場合の価格が気になっている方も多いと思います。

現行モデルの価格設定から、ランクル300系の価格を予想してみます。

以下は現行モデルの新車価格です。

※スマホの方は横画面推奨

車種名/グレード エンジン カタログ燃費 価格
ランクル200 GX V8 4.6Lガソリン 6.9㎞ 4,728,240円~
ランクル200 AX V8 4.6Lガソリン 6.9㎞ 5,140,800円~
ランクル200 AX”Gセレクション” V8 4.6Lガソリン 6.7㎞ 5,860,080円~
ランクル200 ZX V8 4.6Lガソリン 6.7㎞ 6,836,400円~

 

現行のランクルはベースグレードのGXのみ500万円以下の470万円から購入可能で、AX以降のモデルは新車価格が本体価格のみでも500万円を超えています。

特に最高グレードのZXは680万~と新車価格が700万円近い設定になっており、GXと比べると200万以上の差ができています。

では、現行グレードと比べて新型が販売されると価格はどうなるか。

新型モデルは現行モデルからエンジンが変更になる可能性が高いです。

また、エンジン以外にも全体的にグレードアップパーツが装備されることによって、現行モデルより価格が上昇すること予想されます。

金額としては、大体「4、50万円~1割程度」各グレードの価格が上がると予想されます。

また、新型からはディーゼルエンジンモデルが復活する可能性がありますが、ディーゼルエンジンがガソリンエンジンよりも高くなるため、ディーゼルエンジンモデルの新車価格はより高くなることが予想されます。

場合によっては、本体価格だけで800万台に乗ってしまうモデルも登場してくるかもしれませんね。

ランクル博士ランクル博士

もはや超高級車じゃな!ベンツじゃな、ベンツ!

ランクル300系(新型)の口コミの評価は?

ランクル300系は様々なメディアやウェブサイトで発売時期、価格などの予想がされているほか、口コミサイトでもいろいろな噂が飛び交っています。

特に口コミサイトでは、

・ランクル300系の発売時期
・ランクル300系の価格
・ランクル300系のディーゼル車復活
・ランクル300系の安全装置

上記のような話題がよく上がっています。みな気になる部分は一緒ということですね。

具体的に口コミの中身を見ていくと、ランクル300の発売時期に関しては、「ランクルのフルモデルチェンジの周期(9~10年)から考えても、2018年ないしは2019年になるだろう。なので、近々モーターショーなどの大きな展示館で発表があるハズ。」といった意見が見られました。

妥当な考え方ですね。

また、販売価格については、エンジンの刷新を引き合いに、「価格が上昇する。」という見方が強くなっています。

ランクル200系は、2012年のマイナーチェンジの際にエンジンについても変更されていますが、それから5年以上の年月が経過しているので、もう一段パフォーマンスが上のエンジンが開発、搭載されても全く違和感は在りません。

燃費の向上などは期待できますが、販売価格としては、現行モデルの価格から1割程度上昇するのではないかと予想されています。

また、ディーゼルエンジン搭載モデルについても、フルモデルチェンジのタイミングで復活するのでは、という憶測が強まっています。

ランクルのようなクロスカントリー車にはやはりディーゼルエンジンが似合いますから、現行のランクルプラドに採用されているようなクリーンディーゼルエンジンの搭載モデルが登場することを期待しているファンは多いですね。

安全性能に関しては、現行の200系モデル同様、「Toyota Safety Sense」が搭載されることは間違いないでしょう。

ランクルはトヨタSUVの中ではハイエンドモデルにあたるので、安全装備に関しては常に最高峰のものが搭載されると考えて間違いないでしょうね。

ランクル博士ランクル博士

みんななかなか鋭い口コミをしておるのう~!

ラン子ラン子

ランクルファンのランクル愛のなせるわざですね!(^^

ランクル300系(新型)まとめ


引用:https://toyota.jp/landcruiser/gallery/

トヨタ・ランドクルーザーはオフロード走行車として人気が高く、現行の200系モデルも非常に評価が高い車種となっています。

しかし、現行モデルはガソリンエンジン車しかないのが不満点の1つになっていて、新型が発表された際には、ディーゼルエンジン車の復活が期待されています。

ランクル300系は早ければ2018年、遅くても2019年には詳細な情報が出ると予想されていて、現行モデルと比べてデザインの大幅な刷新や、性能の進化が期待できます。

2018年8月現在、ランクルの新型発表はありませんが、2019年のモーターショーなどの展示会で発表される可能性はかなり高いです。

ランクルの購入を検討している方は、待てるならぜひ新型の情報発表まで待っておきたいですね。

今後、ランクル300系の購入を考えている場合には、今回の記事の内容を参考にしてみてくだい。

ランクル博士ランクル博士

楽しみじゃああ~!ランクル300、楽しみじゃああああ~!!

ラン子ラン子

博士!おっおちついて!(^^;

ランクルが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

ランクルの新車がほしい!

ランクルは長年人気車種ですが、人気車種だからこそ、その進化も止まりません!
モデルチェンジをするたびに、スタイルも性能もどんどん良くなってきています。

ランクルは根強いファンが多く、また見た目のインパクトも強烈なので、ランクルに乗っていると高級外車に乗っている人と同じような視線を浴びることもしばしば。

もちろん走行性能も抜群で、アウトドアやキャンプなど、悪路を走行するようなシチュエーションでは国産車でランクルの右に出る車はない、といっても過言ではないでしょう。

デザインも性能も非常に洗練された最新のランクル。

ランクルファン、クロカンファンなら、絶対に乗ってみたいですよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ランクルは…値段が高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしで買えないものか…」
  • 「値引き交渉が苦手なので損をしてしまいそう…うまくできればなぁ…」
  • 「忙しくてたくさんディーラーを回るのはムリ…」
  • 「ディーラーから売り込まれて無理のある高いグレードを買わされてしまったら…」
  • 「どうせなら最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きませんよね…

けど、このような悩みをしっかり解決できる人なんて、実際にディーラーや中古車ショップで働いている、「車のプロ」しかいません。

では、車のプロの知り合いがいない人はどうすればいいのか…

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

その裏ワザとは、下取りは必ず一括査定サイトを使うことです!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

さあ、今すぐあなたの車の価格を
確認してみましょう!