トヨタ・ランドクルーザーは1980~1990年までの10年の間、5代目モデルの60系が販売されていて、現在でも60系は中古車市場に複数の中古車が流れています。

ランクル60系は標準装備でも人気が高い車でしたが、様々なカスタムを施した車両も人気が高く、外装、内装ともに複数のカスタムパーツを装着してドレスアップを楽しむ方も多くなっています。

今回はランクル60系のカスタムの情報について紹介していきます。

ランクル博士ランクル博士

ランクル60はカスタムし甲斐がある車じゃからの~。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

その裏ワザとは、下取りは必ず一括査定サイトを使うことです!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

さあ、今すぐあなたの車の価格を
確認してみましょう!

ランクル60はカスタムしたくなる車?口コミから検証

ランクル60系を現在でも乗り続けている方の多くは様々なカスタムパーツを装着していて、カスタム後の写真を口コミサイト、ブログなどで紹介している人も多いです。

なぜランクル60系のカスタムを行っている人が多いのか、と思われる方もいるかもしれませんが、ランクル60系の口コミサイトなどでは、以下のような理由でカスタムを行っている人が多いと言われています。

  • ランクル60系はカスタムパーツが豊富でカスタムを行うのが楽しい
  • バンパーやホイールをカスタムすることでオフロード性能を伸ばせる
  • サスペンションを換装して乗り心地の改善が狙える

ランクル60系がカスタムされる大きな理由として、ランクル60系は様々なショップでカスタム用のパーツが販売されていて、カスタムパーツが豊富にある、ということがあげられます。

他にも内装カスタム用に社外品のステアリングやシートカバーなどもあって、外装、内装の両方で幅広いカスタムが楽しめることが、ランクル60系がカスタムされやすい理由の1つになります。

さらにランクル60系は純正装備のままでもオフロード走行の性能が高い車ですが、バンパー、ホイールの換装、リフトアップでオフロード走行の性能アップが狙えるので、オフロード走行がメインの方はバンパーなどをカスタムして性能アップ(&見た目のインパクトアップ!)を狙う場合もあります。

また、ランクル60系は標準装備だと車体の揺れが激しく、乗り心地が悪く感じる方も多いので、乗り心地改善の為にサスペンションを交換し、揺れの軽減を狙う方も多いです。

ランクル60系は以上のような理由からカスタムが行われることが多い車種で、時にはワンオフ品を発注して、他の人とは被らないカスタムを行う方などもいるくらいです。

ランクル博士ランクル博士

ランクルに乗るなら、たとえ街乗りでもコッテコテのオフロード仕様にしたくなるものよのう!

ラン子ラン子

確かに、がっちりオフロード使用にカスタムされたランクルって、ものすごくかっこいいですよね!

スポンサーリンク

ランクル60の人気カスタムはコレ!

ランクル60系は様々なカスタムパーツが販売されている車種で、パーツを購入し、外装のドレスアップを楽しむ方もたくさんいます。

特に60系の場合はバンパー、ヘッドライト、ホイール、ルーフのカスタムを行う方が多く、各箇所で人気のカスタムパーツなどもたくさんあります。

バンパー

バンパーは車体が何かと接触した際、ダメージを抑える為に装備されている緩衝パーツです。

ランクル60系は通常装備の場合、フロント、リアのどちらにもメッキバンパーが装着されていますが、取り外すことでカスタムバンパーを装着することが可能で、バンパーを変更してフロントの見た目を大きく変えることができます。

▼ランクル60通常バンパー


引用:https://blogs.yahoo.co.jp/tsunagiotoko/49897755.html

特にランクル60系はカスタムバンパーとして、「ウインチバンパー」を採用する方が多く、バンパー換装を行う際には、70系モデルのバンパーを流用し、60系に装備している方などもいます。

▼ランクル60ウインチバンパー


引用:https://blogs.yahoo.co.jp/fj62g1262/29813439.html

バンパーは換装するとフロント、リアの見た目が大きく変わるので、カスタムを行う際はバンパーを変更し、車のドレスアップを行う方もたくさんいます。

ヘッドライト

ヘッドライトは視界が悪い時に正面を照らし、視界の確保を行うフロントに装備されているメインライトです。

ランクル博士ランクル博士

この解説は果たして必要なのか…(笑)

ランクル60系は前期モデルなら丸目2灯のヘッドライト、後期モデルは角目4灯のヘッドライトが装備されていて、後期モデルは電球にハロゲンライト、前期モデルはシールドビームと呼ばれるライトが装着されています。

▼ランクル60前期標準ヘッドライト


引用:http://photo.countuch.com/lc60.html

▼ランクル60後期標準ヘッドライト


引用:http://photo.countuch.com/lc60.html

ヘッドライトのカスタムを行う場合、ライトの電球をLED化するなどのカスタマイズを行う方が多く、LED化することによって電球の寿命が長くなり、交換までの周期を伸ばせます。

また、ランクル60系後期モデルのヘッドライトを、前期モデルの丸目デザインに換装するカスタムをする方が非常に多くなっています。

丸目ヘッドライトはその個性的なデザインからファンが非常に多いんですね。

ランクル博士ランクル博士

たしかに、昔のランクルは丸目にしたい。

丸目渋くてかっこいい。

ラン子ラン子

わたしも丸目かわいくて好きです(^^

ホイール

ホイールはカスタムしやすいパーツの一つで、カスタムすることで見た目の印象をかなり変えることができるため、カスタムの対象としては非常に人気があります。

ランクル60系は標準装備の場合、15インチのホイールが装備されていて、ホイール換装を行う場合は同インチサイズのアルミホイールがよく選ばれます。

特にスポークタイプ、ディッシュタイプのホイールはランクル60系でも人気のデザインで、基本的にデザイン重視ならスポークタイプ、強度重視ならディッシュタイプのホイールへ換装がよく行われます。

▼スポークタイプ

▼ディッシュタイプ


引用:https://www.mbok.jp/item/item_472286867.html

ホイール換装はバンパーと同じく、外装の見た目に大きな影響を与えられるカスタム箇所なので、ホイール換装を行う方は多く、ランクル60系用のホイールを取り扱うショップも数多くあります。

ルーフ

ランクル60系はキャンプなどのアウトドア・レジャーの足として使われる事が多いため、荷物の積載量を増やせるルーフレールやルーフキャリアの装着は、カスタムのパターンとしても多くなっています。

ルーフレールはアタッチメントを付けると天井に荷物を置くことが可能となるため、大きな荷物を載せる際に役立ちますが、特に荷物を積む予定がなくても、見た目の変化を楽しむためにルーフレールを装着させる方もいます。

▼ルーフレール


引用:https://blog.flexdream.co.jp/landcruiser/article/11775/

ルーフキャリアはルーフに荷台を付ける装備で、大きな荷物を運ぶ機会が多い時などには、荷台スペースを拡張する為にルーフキャリアが装備されることがあります。
▼ルーフキャリア


引用:https://www.goo-net.com/usedcar/spread/goo/14/700123019430171206001.html

ルーフのカスタムも外装の見た目変更に大きく関わるカスタム箇所となっていて、ランクル60系でも見た目のために手軽なルーフレールが装備されたり、実用性を重視した荷室拡張目的のルーフキャリアを装備する方がたくさんいます。

ランクル博士ランクル博士

キャンプなどのアウトドアではルーフの収納も重宝するからの~。

バーベキューセットとかかさばるしね~。

スポンサーリンク

ランクル60は内装もカスタムが主流?

ランクル60系は外装だけでも様々なカスタムが行えますが、内装に関しても、ドレスアップから汚れ防止などの実用的なカスタムまで、幅広いカスタムが行われます。

特に多い内装カスタマイズとしては、シートカバーの変更や荷台のカスタムなどが上げられます。

シートカバーに関しては、汚れ対策だけでなく、見た目のドレスアップを狙って行われる場合も多いです。

ラン子ラン子

ランクルは実用車でありながら、見せる車でもある、すごくレアな存在ですよね~。

ランクル博士ランクル博士

おおーわかって来たのうラン子君!その通りじゃ!

シートカバーの変更

ランクル60系の内装カスタムを行う場合には、シートカバーを変更して内装の色合いを変える方などが多くなっています。

標準装備の場合、ランクル60系はグレー、または茶色系統のシートが採用されています。

▼標準シート


引用:http://buyee.jp/item/yahoo/auction/j485166558

シートカバーの変更を行うと標準装備の色から大幅に色合いを変えることも可能で、基本的に標準シートの上に被せるだけと装着も簡単なので、非常に人気のあるカスタムの一つとなっています。

ランクル60系のシートカバーは様々なショップで販売されていて、デザインやカラーも豊富に存在しています。

荷台のカスタム

ランクル60系はセカンドシートの後ろに広い荷台があって、大きな荷物を積み込めるようになっています。

しかし、内装カスタムを行う場合、荷台にカスタムパーツを装着する方などもいて、特にベッドキットなどは荷台カスタムの際に選ばれることが多くなっています。

ベッドキットとは、荷台スペースにベッドを作成し、車内泊を可能にする為のカスタムパーツで、アウトドア趣味の方などが主に行っているカスタムです。

▼ベッドキット


引用:http://www.kobo-links.net

車内に広いベッドスペースがあるだけで、車内泊の快適度は格段に上がるので、内装カスタムを行う際には、ベッドキットで荷台をカスタムするのもおすすめですね。

ラン子ラン子

ランクルで車内泊とか、わくわく~♪

ランクル60カスタム車の中古車市場はどうなっている?

ランクル60系は購入後に自身で様々なカスタムを行う方も多いですが、中古車市場には、カスタム済みの中古車が多数販売されています。

まず、ランクル60系のカスタム済み中古車の一部をピックアップしてみます。

※スマホの方は横画面推奨

車種名 年式 ボディーカラー エンジンタイプ カスタム内容 走行距離 価格
ランクル60GX 1985年 ホワイト 3.4L ディーゼル ウインチバンパー

レカロシート

31.4万㎞ 88万
ランクル60VX 1989年 ブラック 4.0L ディーゼルターボ ウインチバンパー

カスタムホイール

シートカバー

25.4満㎞ 108万
ランクル60GX 1989年 ブラック 4.0L ディーゼル カスタムホイール

リフトアップ済み

30万㎞ 109.8万
ランクル60GX 1988年 ゴールド 4.0Lディーゼル カスタムバンパー

カスタムホイール

シートカバー

リフトアップ済み

16.6万㎞ 198万
ランクル60STD 1988年 ブルー&ホワイト

ツートン

4.0L ディーゼル カスタムホイール

ルーフキャリア

リフトアップ済み

19.5万㎞ 219.8万
ランクル60VX 1988年 ブルー 4.0Lガソリン 丸目換装

カスタムホイール

13.1万㎞ 245.1万
ランクル60VX 1989年 レッド 4.0Lガソリン 丸目換装

カスタムホイール

シートカバー

リフトアップ済み

28.2万㎞ 259.8万
ランクル60GX 1987年 レッド 4.0Lガソリン 丸目換装

カスタムホイール

ルーフキャリア

リフトアップ済み

13.7万㎞ 299.8万

 

ランクル60系の中古車は安い車両は80万ほどから販売されていて、複数のカスタムパーツが付いている中古車は250万以上の価格でも確認できます。

60系中古車はカスタムパーツが付いた中古車が多いですが、特にカスタムホイールを装着した車両は多く、リフトアップを行った中古車も複数確認できました。

他にもシートカバー交換済みの中古車やルーフキャリアを装着した中古車も多く、ウインチバンパーを装着した中古車も複数見つけることができました。

ただ、60系中古車は走行距離が20万㎞を超えている車両も多く、特に価格が低い車両は故障リスクが少し高めに感じられました。

ランクル60系の中古車にはカスタム済みのものも多く、頑張れば自分の好みに近いカスタムが施された中古車を見つけることも可能でしょう。

ランクル博士ランクル博士

好みのカスタム済み中古車が見つかったらラッキーじゃな!

ランクル60カスタム車の画像をインスタで探してみた!

ランクル60系はインスタグラムなどで写真が複数公開されていて、カスタム車の画像もたくさん確認できます。

まず、インスタで確認できた60系の写真をいくつかピックアップしてみます。

桃さん(@ko_ichimomo)がシェアした投稿


引用:https://www.instagram.com/p/BmDhNknnqJx/?hl=ja

modifyさん(@1985.lc60)がシェアした投稿


引用:https://www.instagram.com/p/Bl7ENL8Hev1/

諸國力也さん(@shokoku.rikiya)がシェアした投稿


引用:https://www.instagram.com/p/BlRMpmJHmGv/

Kayo Mikamiさん(@yuuuhaaakaaa)がシェアした投稿


引用:https://www.instagram.com/p/BlMWdf6HGRl/

TOYOCRUISERS C.A.さん(@toyocruisers)がシェアした投稿


引用:https://www.instagram.com/p/Bl-47WpHCy7/

ランクル60系のカスタム車はインスタ多数の画像が公開されていて、複数のカスタムパーツを付けたカスタム車も確認できます

特にランクル60系はクロカンバンパー、ウインチバンパーなどを付けたカスタム車の画像がたくさんあって、ルーフにルーフキャリアを付けた車も複数確認できました。

ランクル60系はリフトアップ済みのカスタム車も多く、また、インスタでは様々な種類のカスタムホイールを装着した60系カスタム車の画像も見つけられます。

ランクル60系はインスタなどで公開されている画像も多く、ハッシュタグで検索するとたくさんのランクル60系カスタム車の画像を検索できます。

自分のカスタムの参考にもできるので、一度インスタでランクル60系の画像を検索してみるのもいいですね。

ランクル博士ランクル博士

インスタでランクルのスタイリングについて研究できるとは、いい時代になったもんじゃの~。

ランクル60カスタム車・まとめ

引用:https://www.toyota.co.jp/jpn/auto/heritage/landcruiser/collection/

ランクル60系はカスタムパーツが豊富な車種で、外装、内装の装備を変更して見た目の変化を楽しむ方も多くなっています。

特に外装ならバンパー、ホイールなど、内装ならシート、荷台などがカスタムされやすい箇所となっていて、中古車市場でもカスタムが行われた中古車が販売されているのが確認できます。

また、後期モデルはヘッドライトをカスタムして丸目換装を行っている方も多く、丸目換装を行った中古車も中古車市場に複数流れています。

ランクル60系はカスタムパーツを販売しているショップも多く、カスタムがしやすい車なので、購入後は様々なカスタムしたい、という方も十分に満足できる車ですね。

今後、ランクル60系のカスタムを考えている場合には、今回の記事の内容を参考にしてみてください。

ランクル博士ランクル博士

最近の車はカスタムの楽しみの持ってきている気がするのう。

その点、ランクル60系は非常に優秀じゃな!

ランクルが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

ランクルの新車がほしい!

ランクルは長年人気車種ですが、人気車種だからこそ、その進化も止まりません!
モデルチェンジをするたびに、スタイルも性能もどんどん良くなってきています。

ランクルは根強いファンが多く、また見た目のインパクトも強烈なので、ランクルに乗っていると高級外車に乗っている人と同じような視線を浴びることもしばしば。

もちろん走行性能も抜群で、アウトドアやキャンプなど、悪路を走行するようなシチュエーションでは国産車でランクルの右に出る車はない、といっても過言ではないでしょう。

デザインも性能も非常に洗練された最新のランクル。

ランクルファン、クロカンファンなら、絶対に乗ってみたいですよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ランクルは…値段が高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしで買えないものか…」
  • 「値引き交渉が苦手なので損をしてしまいそう…うまくできればなぁ…」
  • 「忙しくてたくさんディーラーを回るのはムリ…」
  • 「ディーラーから売り込まれて無理のある高いグレードを買わされてしまったら…」
  • 「どうせなら最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きませんよね…

けど、このような悩みをしっかり解決できる人なんて、実際にディーラーや中古車ショップで働いている、「車のプロ」しかいません。

では、車のプロの知り合いがいない人はどうすればいいのか…

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

その裏ワザとは、下取りは必ず一括査定サイトを使うことです!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

さあ、今すぐあなたの車の価格を
確認してみましょう!