トヨタ・ランドクルーザーは2007年から現行モデルの200系が登場していて、200系モデル用のカスタムパーツも社内、社外ともに多数販売されています。

特にランクル200の場合、ホイールをカスタムして車のドレスアップを楽しむ方も多くいます。

ホイールのカスタムは多くの方が手掛けている、カスタムしやすいパーツの1つですからね。

今回はランクル200系のホイールについての情報を紹介していきます。

ランクル博士ランクル博士

ランクルは存在感があるので、ホイールをいじるだけでものすごく個性が出せるんじゃな!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

その裏ワザとは、下取りは必ず一括査定サイトを使うことです!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

さあ、今すぐあなたの車の価格を
確認してみましょう!

ランクル200に装備できるホイールサイズは?

ランクル200系にカスタムホイールの装着を考えている場合、装着できるホイールサイズが気になる方も多いと思います。

ランクル200系は標準装備の場合、17~20インチのホイールが採用されていて、20インチまでのホイールはホイールサイズやタイヤサイズ、ボルト穴数などが合っていれば問題なく装着できます。

また、ホイールのインチアップを考えている場合、ランクル200系は26インチほどまでなら装着可能と言われています。

ただ、24インチや26インチほどのホイールは乗り心地が悪くなるという報告も挙がっていて、インチアップを行うなら22インチ、または24インチのホイールがおすすめとされています。

見た目の迫力を究極まで突き詰めるなら26インチ、乗り心地とのバランスを重視するなら22~24インチ、手軽にかっこよく決めるなら20インチ、といったところですね。

ラン子ラン子

26インチってカスタムイベント用のデモカーみたいな雰囲気になりますね。

ランクル博士ランクル博士

そうじゃな、ご近所で知らない人はいない状態じゃ!(笑)

スポンサーリンク

ランクル200標準装備のホイールラインナップは?

ランクル200系は各グレードで採用されているホイールが違っていて、サイズもグレードごとに異なっています。

まず、ランクル200系に標準で装備されているホイールの情報を確認してみましょう。

※スマホの方は横画面推奨

車種名/グレード ホイールサイズ タイヤサイズ ホイール材質
ランクル200GX 17×8J 275/65R17 スチールホイール
ランクル200AX 18×8J 285/60R18 アルミホイール
ランクル200AX”Gセレクション” 18×8J 285/60R18 アルミホイール
ランクル200ZX 20×8.5J 285/50R20 アルミホイール

ランクル200系は各グレードでホイールサイズが違っていて、高グレードモデルになるほどホイールサイズが大きくなっています。

まず、5人乗りモデルのGXですが、GXモデルには17インチのホイールが採用されていて、AXなどのグレードと比べるとホイールサイズが小さめになっています。

▼ランクル200GX標準ホイール


引用:https://toyota.jp/landcruiser/grade/

また、GXはホイールの材質がスチールホイールとなっていて、AX以上のアルミホイールと比べると少し安っぽく感じる方もいるかもしれません。

次に8人乗りのAX、AX”Gセレクション”にはGXより1インチ大きい18インチホイールが装備されていて、ホイール材質はアルミホイールに変わっています。

▼ランクル200AX、AX”Gセレクション”標準ホイール


引用:https://toyota.jp/landcruiser/grade/

GXと比べるとAX、AX”Gセレクション”のホイールはサイズが大きく、材質もアルミに変わっているので、高級感を感じられます。

高グレードモデルZXはAXなどと同じくアルミホイールが採用されていますが、ホイールサイズが変わっていて、ZXモデルのみ20インチの大型ホイールが装着されています。

▼ランクル200ZX標準ホイール


引用:https://toyota.jp/landcruiser/grade/

ZXのホイールサイズは20インチと大型なので、GX、AXなどと比べて迫力が増していて、ホイールデザインもZXはGX、AXなどとは別のデザインが採用されています。

ランクル200系は各グレードによってホイールのサイズ、ホイール材質が違っていて、ホイールデザインも各グレードによって変化しています。

ラン子ラン子

この差別化ぶりはグレード選びの時に悩むポイントになりますね(^^;

スポンサーリンク

ランクル200の人気ホイールはコレ!

ランクル200系は購入後に社外製のホイールを購入し、換装を行う方も多くなっています。

ホイールサイズは人によって様々ですが、各サイズのホイールには人気ホイールも多くあって、自身が好きなホイールサイズから人気ホイールを選んで換装する方もたくさんいます。

ランクル200系の各ホイールサイズ別にカスタムホイールをいくつか紹介していきます。

18インチホイール

18インチのホイールはAX、AX”Gセレクション”に装備されている標準サイズと同じで、AXなどのホイール換装を行う場合には、18インチホイールを選ぶ方もいます。

18インチホイールは複数のメーカーからカスタムホイールが出ていますが、ホイール換装を行うなら、「MAD CROSS MC76」「KEELER FORCE」「KAZERA HYPER Ⅱ」などが人気のブランドホイールとなっています。

MAD CROSS MC76

MAD CROSS MC76は「HOT STUFF CORPORATION」のブランド「MAD CROSS」から出ているカスタムホイールで、中心から太いスポークが7本伸びたスポークデザインのホイールです。

▼MAD CROSS MC76


引用:http://www.hotstuff-cp.co.jp/wheel/マッドクロス-mc76/

ランクル200系の前期、中期、後期の全車に対応しているホイールで、ホイールカラーにはダークシルバーとブラック&リムポリッシュの2色が用意されています。

ホイールの取り付けも純正の平座ナットで装着可能で、ホイール購入後、純正ナットと合わせて簡単に装着が行えます。

また、ランクル200系用のセンターキャップも付いていて、自身の好みでセンターキャップを装着し、ホイールのドレスアップを行えます。

▼MAD CROSSセンターキャップ


引用:http://www.hotstuff-cp.co.jp/wheel/マッドクロス-mc76/

18インチサイズならMAD CROSS MC76はランクル200系と非常にデザインの相性のよいホイールですね。

KEELER FORCE

KEELER FORCEは様々なカスタムホイールを販売しているメーカー「weds」から出ているホイールの1つです。

▼KEELER FORCE 18インチ


引用:https://www.weds.co.jp/products/adventure/keeler_force.html

ホイールの中心から5本のスポークが伸びているスポークタイプのホイールで、18インチサイズはランクル100、ランクル200の車種に対応しています。

ホイールカラーはシルバーのみとなっていますが、専用のセンターキャップがオプション品として販売されていて、ランクル200系のホイールナット、アダプターもオプション品で販売されています。

KELLER FORCEは18インチサイズを選ぶとランクル200系に装着可能なホイールで、シンプルデザインでかっこいいカスタムホイールなので、シンプルデザインのホイールが好みの場合には、ホイール換装の候補に入れてみるのもおすすめです。

KAZERA HYPER Ⅱ

KAZERA HYPER Ⅱはカスタムホイールを取り扱うメーカー「JAPAN 三陽」が販売している中心から6本のスポークが伸びたデザインのカスタムホイールです。

▼KAZERA HYPER Ⅱ


引用:http://www.japansanyo.co.jp/original_item/index.html

15~18インチまでのサイズが用意されていて、ランクル200系に装着する場合には、17インチと18インチのホイールが選択できます。

また、ランクル200系の純正ナットで装着できるホイールで、換装がしやすく、ホイールには塩水腐食防止加工も行われています。

色はシルバーのみとなっていますが、KAZERA HYPER Ⅱは18インチのカスタムホイールとしてランクル200に装着可能で、デザインもかっこいいので、18インチホイールへの換装を考えているなら候補に入れてみるのもいいですね。

20インチホイール

20インチサイズのホイールは高グレードモデルZXに標準装備されているのと同サイズのホイールです。

GX、AXのインチアップ先としても選ばれやすく、20インチホイールを選ぶ方は「JAOS BUCCHUS CM-11」「KMC XD795 HOSS」「CRIMSON MG BEAST」などからホイールを選択する方もたくさんいます。

JAOS BUCCHUS CM-11

JAOS BUCCHUS CM-11は様々な車のカスタムパーツを扱うメーカー「JAOS」から登場しているカスタムホイールの1つです。

▼JAOS BUCCHUS CM-11


引用:https://www.jaos.co.jp/product/B881095SPB/2251.html

ランクル200、レクサスLX570専用に作られた20インチサイズのホイールで、デザインには中心から端まで角度を変えながら伸びるツインスポークデザインを採用されています。

さらにホイールカラーも複数用意されていて、「ゴールドポリッシュブラック」「ハイパーブラック」「スモークポリッシュブラック」の中から自身が好きなカラーを選択できます。

また、JAOS BUCCHUS CM-11は22インチサイズのホイールもあって、22インチもランクル200系に装着可能なので、大きいホイールが好みなら22インチサイズも候補に入れられます。

JAOS BUCCHUS CM-11は20インチホイールとして人気があるホイールで、ランクル200系の20インチホイールの中でも高い人気があります。

KMC XD795 HOSS

KMC XD795 HOSSはカスタムホイールを取り扱う国外メーカー「KMC WHEELS」が販売しているXDシリーズのカスタムホイールの1つです。

▼KMC XD795 HOSS


引用:http://www.kmcwheels.com/wheel/11472/xd795-hoss

中心から10本のスポークが伸びるスポークデザインのホイールで、ランクル200系に合う「20×8.5」のボルト5穴のサイズが販売されています。

ホイールカラーは3色用意されていて、「GLOSS BLACK W/CLEAR COAT」「GLOSS BLACK W/MACHINED FACE」「CHROME」の中から自身が好きなカラーを選択できます。

また、XD795 HOSSには「XD SERIES」と文字が入った専用のセンターキャップもあって、と書かれたセンターキャップを装着し、ホイールのドレスアップを行うこともできます。

KCM XD795 HOSSは口コミサイトなどでも人気があり、20インチホイールを選ぶ場合には、候補に入れてみるのもいいと思います。

CRIMSON MG BEAST

CRIMSON MG BEASTはカスタムパーツを扱う「CRIMSON」のブランド「MG」から出ているカスタムホイールの1つです。

▼CRIMSON MG BEAST


引用:http://www.mg-wheels.com/lineup/beast.html

CRIMSON MG BEASTはホイールサイズが「20×9.5J」となっていて、ZXグレードに標準装備されている「20×8.5J」とサイズが違い、リム幅が大きいカスタムホイールとなっています。

ホイールカラーはブラック&シルバーの1色のみですが、ホイールのセンターに付けるホイールインサートはオプションで「レッド」、「ブルー」、「イエロー」、「ホワイト」が購入可能で、ホイール中心部の色を自身好みでカスタムできます。

▼ホイールインサート


引用:http://www.mg-wheels.com/lineup/beast.html

また、オプションパーツとしてホイールインサートの中心に付けるエンブレムやバルブキャップなども販売されていて、ホイールと同時に様々なオプションを合わせることでホイールのドレスアップを楽しめます。

▼バルブキャップ


▼エンブレム

引用:http://www.mg-wheels.com/lineup/beast.html

ランクル200系に大型の20インチホイールを装着する場合、CRIMSONのホイールは人気が高く、購入後の装着画像を口コミサイトで紹介している方なども確認できます。

22インチホイール

ランクル200系のインチアップを行う場合、22インチのホイールを選ぶ方も多く、22インチホイールはカスタムホイールの選択肢として人気が高くなっています。

22インチホイールを選んで換装するなら、「CRIMSON MYRTEL 2face」、「RAGUNA Aldebaran MIDAS JPN」、「GANADOR PASSION」などのカスタムホイールから選んでみるのもおすすめです。

CRIMSON MYRTEL 2face

CRIMSON MYRTEL 2faceは様々な車種のカスタムホイールを出している「CRIMSON」から登場しているカスタムホイールの1つです。

▼CRIMSON MYRTEL 2face


引用:http://www.myrtle.ne.jp/lineup/wheel_2face.html

中心から8本のスポークが伸びるスポークデザインのホイールで、ホイールカラーには「BLACK POLISH」が用意されています。

MYRTEL 2faceはスポークに装着するインサートパーツを交換することでスポーク部分の色を変えられるカスタム性の高いホイールで、インサートパーツには「イエロー」、「ブルー」、「オレンジ」など、8色のカラーが用意されています。

▼インサートパーツ交換後イメージ



引用:http://www.myrtle.ne.jp/lineup/wheel_2face.html

また、オプションパーツとして、センターキャップやホイールインサートなどのパーツも販売されていて、各オプションパーツを買うことでホイールデザインを自身好みにカスタムできます。

CRIMSON MYRTEL 2faceはカスタム性の高いホイールとなっていて、22インチサイズと迫力もある大型ホイールなので、22インチホイールへの換装を考えている場合には、選択肢としてCRIMSON MYRTEL 2faceを候補に入れてみるのもいいでしょう。

RAGUNA Aldebaran MIDAS JPN

RAGUNA Aldebaran MIDAS JPNは4WD車のカスタムホイールなどを取り扱う「RAGUNA」から登場したカスタムホイールです。

▼RAGUNA Aldebaran MIDAS JPN


引用:http://raguna.jp/product/aldebaran_midas/

ランクル200、レクサスLX570に装着する用として設計されたホイールで、ホイールサイズは22×10Jと大きくなっています。

ホイールカラーには、標準カラーとして「ハイラスター」、「マッドブラック」、特別カラーに「フロストガンメタ」が用意されていて、自身の好みの色を選んで装着できます。

また、RAGUNA Aldebaran MIDAS JPNは純正ホイールより重量が軽く、車両重量を軽くできるので、若干の燃費向上も期待できます。

ホイール強度も高いカスタムホイールなので、インチアップと燃費向上を狙う場合には、RAGUNA Aldebaran MIDAS JPNの購入を考えてみるのもおすすめです。

GANADOR PASSION

GANADOR PASSIONはカスタムマフラーやカスタムホイールを販売しているメーカー「GANADOR」から販売されているカスタムホイールの1つです。

▼GANADOR PASSION


引用:http://www.ganador.co.jp/products/passion_wheel.html

トヨタ社のランクル200系、ランクル100系に合わせて作られたカスタムホイールで、ホイールサイズは「22×10J」、タイヤサイズは「305/40R22」となっています。

ホイールカラーは「ブラッシュクリアブラックメタリック」、「ブラッシュクリアシルバーメタリック」、「ブラックメタリック」の3色が登場していて、ホイールデザインは3本のスポークがホイール端に伸びるトリプルスポークデザインが採用されています。

また、付属パーツとして「GD」と書かれたオリジナルのセンターキャップも付いています。

このセンターキャップは高級感があり、全体を引き締める効果をもたらしてくれるパーツになっています。

▼オリジナルセンターキャップ


引用:http://www.ganador.co.jp/products/passion_wheel.html

GANADOR PASSIONは高級感のあるカスタムホイールとなっていて、22インチのカスタムホイールを選ぶ場合には、自身が好みの色のGANADOR PASSIONを換装候補に入れてみるのもおすすめです。

24インチホイール

ランクル200系は大型のカスタムホイールを装着する場合、24インチのホイールを選択する方もいます。

24インチホイールは22インチホイールほど種類が多いわけではありませんが、24インチへの換装を選ぶなら、「ELFORD Celestial」を候補に入れてみるのもいいでしょう。

ELFORD Celestial

ELFORD Celestialはカスタムパーツを取り扱うメーカー「MEIWA CO.,LTD」のブランド「ELFORD」から登場しているカスタムホイールです。

▼ELFORD Celestial


引用:http://www.meiwa-net.com/item_list/celestial/page_x01.htm

ランクル、レクサスLX570用に設計された24インチホイールで、サイズが大きいながらホイール重量が純正18インチとほぼ同じの軽いホイールとなっています。

ホイールデザインは中心から7本のツインスポークが伸びるスポークデザインが採用されていて、ホイールカラーには、「ブラッシュアップ」、「セミグロスブラック」、「ブライトメタルグレー」の3色が用意されています。

また、付属品としてホイールカラーに合わせたエアバルブ、ホイールセンターにはブランドの刻印が入っていて、ホイールサイズの大きい迫力のあるランクル200系にカスタムしたい際には、おすすめのカスタムホイールとなっています。

▼エアバルブ


▼ブランド刻印

引用:http://www.meiwa-net.com/item_list/celestial/page_x01.htm

ランクル200系が装着できる24インチホイールはあまり多くはありませんが、ELFORD Celestialはランクル用に設計されたカスタムホイールなので、24インチホイールを選びたい時には、ELFORD Celestialを選んでインチアップを狙うのもいいと思います。

ラン子ラン子

ランクルはホイールサイズの選択肢が多い分、カスタムホイールの選択肢も多いですね~。

ホイールマッチングシミュレーションを利用してみよう!


引用:https://www.fujicorporation.com/shop/fitting/fitting.aspx

様々な国産車のホイールを取り扱うショップでは、実際にホイールを装着した際にどのような見た目になるのかシミュレートできる「ホイールマッチングシミュレーション」を設置しているサイトがあります。

ホイールマッチングシミュレーションはランクル200系にも対応していて、ランクル200系に様々なメーカーのホイールを装着した姿のシミュレートが行えます。

例えば、様々なホイールを扱うネットショップ「フジコーポレーション」さんでも、「ホイールフィッティングルーム」というホイールマッチングシミュレーションが用意されていて、ランクル200系を選んでシュミレートを行うと様々なメーカーのホイールを付けた際の見た目が確認できます。

ホイールマッチングシミュレーションはホイールを装着した際の見た目だけではなく、リフトアップした際の見た目なども確認できるので、カスタムホイールの購入前にはマッチングシミュレーションを利用し、どのような見た目になるのか確認してみるのがいいでしょう。

ランクル博士ランクル博士

これは便利すぎるのう。

シミュレーションしている間にあっという間に時間がたってしまいそうじゃ!

ランクル200のホイール・まとめ


引用:https://www.modellista.co.jp/press/2015/0817_landcruiser/

ランクル200系は標準だと17~20インチのホイールが装着されていて、各グレードによってホイールサイズが違っています。

標準のホイールサイズはGXグレードが一番小さく、ZXグレードが一番大きくなっていて、高グレードのZXは20インチの大きいホイールが標準装備されています。

ただ、ランクル200系は購入後にホイールを履き替える方も多く、インチアップを行う方は22インチ、24インチのホイールを装着することもあります。

また、各サイズのカスタムホイールには、多くの方が選んでいる人気ホイールなどもあって、特に20インチ、22インチのホイールは多くの方から人気があります。

ランクル200系はホイールを変えるだけでも大幅な見た目変更が楽しめるので、車のカスタムを行う場合には、最初にホイールの換装を行い、車のドレスアップを楽しんでみるのもおすすめです。

今後、ランクル200系のカスタムホイールの購入を考えている場合には、今回の記事の内容を参考にしてみてください。

ランクル博士ランクル博士

ランクルのホイールはめちゃめちゃ奥が深いのう!

ラン子ラン子

サイズやデザインでガラッと雰囲気が変わるので、個性を出すにはもってこいのカスタムですね~(^^

ランクルが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

ランクルの新車がほしい!

ランクルは長年人気車種ですが、人気車種だからこそ、その進化も止まりません!
モデルチェンジをするたびに、スタイルも性能もどんどん良くなってきています。

ランクルは根強いファンが多く、また見た目のインパクトも強烈なので、ランクルに乗っていると高級外車に乗っている人と同じような視線を浴びることもしばしば。

もちろん走行性能も抜群で、アウトドアやキャンプなど、悪路を走行するようなシチュエーションでは国産車でランクルの右に出る車はない、といっても過言ではないでしょう。

デザインも性能も非常に洗練された最新のランクル。

ランクルファン、クロカンファンなら、絶対に乗ってみたいですよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ランクルは…値段が高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしで買えないものか…」
  • 「値引き交渉が苦手なので損をしてしまいそう…うまくできればなぁ…」
  • 「忙しくてたくさんディーラーを回るのはムリ…」
  • 「ディーラーから売り込まれて無理のある高いグレードを買わされてしまったら…」
  • 「どうせなら最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きませんよね…

けど、このような悩みをしっかり解決できる人なんて、実際にディーラーや中古車ショップで働いている、「車のプロ」しかいません。

では、車のプロの知り合いがいない人はどうすればいいのか…

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

その裏ワザとは、下取りは必ず一括査定サイトを使うことです!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

さあ、今すぐあなたの車の価格を
確認してみましょう!